向いている人1:ペットボトルの水をよく購入する人

普段ペットボトルの水を購入している人にとって、毎日スーパーなどで購入した水を運ぶのは大きな負担ですよね。そんな負担を軽減してくれるのがウォーターサーバーであり、タンクの水は定期的に配送してもらえるのでいちいち自分たちで運ぶ必要がありません。またウォーターサーバーの水は天然水やイオン水など健康や体に良い水が利用されているため、同じような水をスーパーのペットボトルで購入するよりも手軽に利用することができます。さらに、ウォーターサーバーの水は温水も出るので普段の飲み物や料理にも使えますし、赤ちゃんのミルクにも利用可能です。このため幅広い用途で使えることから、水を沸かす手間を感じている人にもおすすめだと言われています。

向いている人2:災害時の備蓄として用意したい人

ほかにも災害が発生した際に断水してしまうリスクを考えて、備蓄水を用意しておきたいと考えている人にもウォーターサーバーはおすすめだとされています。ウォーターサーバー本体が使えなくなってもタンクの水はそのまま利用することができますし、ペットボトルよりも容量が大きいので備蓄水として使いやすいのです。定期的に配送してもらっていても余ったものはそのまま備蓄水にできますし、別途で用意する手間が省ける点はメリットとなっています。

向いていない人の特徴

ウォーターサーバーの利用に向いていない人の特徴は、普段水を購入することがない人やサーバー本体の設置場所がない人、一人暮らしの人などが挙げられています。特に普段水を購入することがない人は水を購入しなければいけないという感覚に慣れにくいですし、水道水に不満がなかったり浄水器がすでに設置されていればウォーターサーバーは必要ありません。

ウォーターサーバーにはいくつかのメリットがあります。1つ目はいつでもおいしい冷たい水、温かい水を飲むことができます。2つ目は災害時で水道水が出なくなったときにでも水に困りまらないことです。