和装は高めだが種類が豊富

結婚式の衣装でも人気が高いのは、やはり洋装よりも和装です。予算が許すのであれば和装の挙式をしたかった!という新郎新婦がいるのも事実であり、和装は衣装のレンタル代が洋装よりも高いのが一般的です。そのため、和装の神社婚が人気が高いです。それというのも、やはり写真の見栄えがよく、また、和装は選択肢が多いためです。一般的に、和装の場合には新婦の白無垢が定番となります。しかし、打ち掛けの場合、シックなものから華やかなものまで種類が豊富です。

日本ならではの格式の高い式

神社婚の人気が高い理由は、やはり日本らしい格式の高い結婚式になるからです。結婚式場に併設されたチャペルの場合、神父はアルバイトの外国人だった!なんてことも多いのです。しかし、神社婚の場合は、きちんとした神職が儀式を執り行うため、ピンと張り詰めた雰囲気の中で厳かな式をあげることができるとあって、参列者の評価はとても高いです。ただ、大人数が収容できるチャペルに対して、神社婚は呼べるゲストが限定されます。

親戚筋からも評価が高い

親戚筋で、しかも高齢の方から評価が高いのが神社婚です。やはり昔の人ほど神社での結婚式を良しとする傾向が強いため、格の高い結婚式が好まれます。そのため、親戚づきあいがある場合は、神社婚の方が両親の顔を立てることにもなります。その後の親戚づきあいにも影響するとかしないとか。もし、高齢の親戚を結婚式に招待する予定があるのであれば、多少無理をしてでも神社婚を挙げておいたほうが無難かもしれませんね。

三重の神社婚は、複数回の神職や神社の担当者との打ち合わせが必要となりますが、ロケーションを重視して挙式をしたい夫婦に根強い人気があります。